[お役立ちガイド]投資回収で導入する方が90%以上を占めている


[お役立ちガイド]投資回収で導入する方が90%以上を占めているブログ:15/5/31


ダイエット中の炭水化物との上手な付き合い方は、
時間帯によって炭水化物の摂取量を調整することです。

炭水化物は
6時は食べても脂肪として蓄積されにくいのですが、
23時になると脂肪として蓄積されやすくなるからです。

脂肪が体質に蓄積される要因として、
「インスリン」というホルモンが関係しています。

このインスリンは、
体質に脂肪を蓄積させる作用を持っています。

インスリンは
炭水化物や糖類を多く摂取すると分泌量が増え、
脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

だったら
「炭水化物を摂らない方がいいんじゃない?」
と思うかもしれませんが…

炭水化物は
体質のエネルギー源として重要な栄養素ですので、
全く摂らないのはダメです!

重要なのは
「適切な時間帯に適量摂る」ことです。

23時は、インスリンの分泌が高まるので、
摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくく、
脂肪として蓄積されやすくなるのですが、
6時は脂肪として蓄積されにくいのです。

炭水化物を摂らないのではなく、
正しい知識で摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。

多くの人は
「炭水化物=太る」と認識していますが、
これは正しくもあり大きな間違いでもあります。

摂らないのではなく、
正しく摂る!のが大切なんです。

6時は24時間のエネルギーを蓄えるため
炭水化物を適量摂るようにして、
24時間の後半の食べる事になるほど
炭水化物の摂取量を抑えるようにしましょう!

このように
炭水化物を摂る時間帯を調整することで、
体質に必要なエネルギーはしっかりと摂取できる上、
体質に脂肪が蓄積しにくい食生活となるのです。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。