[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?

太陽光発電のことについて地域で開催されるメーカーや電力会社主催の太陽光発電セミナーに参加をしましょう。
あなたが住んでいる自治体の太陽光発電の過去データを知って検討材料にすることが出来ます。

 

もし4kw程度の太陽光発電システムを自宅に導入した時の年間予測発電量は、およそ4500kwh〜5400kwh程度です。
これを通常の電気料金として計算をしてみますと、年間で約17万円〜20万円前後となるのです。太陽光発電で可能となる発電量というのは、地域や屋根が向いている方角、そして方位、隣地や周辺の建物の影響などで大きく変わってきます。
そのようなこともあり、明快な発電量に関する情報を調べるために、結構手間がかかってしまうものです。 企業の太陽光発電は当然のこと、最近では一般家庭における太陽光発電の設置が行われています。
太陽エネルギーで作られた自然エネルギーは、電力会社に売ることも出来るので大変オトクで便利なのです。



[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?ブログ:17/9/03

減量中は
高タンパクの食べる事を心がけましょう!

どうして高タンパクの食べる事が
減量に有効なのかというと…
筋肉を維持するためにタンパク質が必要となるからです。

タンパク質が不足すれば
筋肉量は減ってしまい代謝が低下します。
代謝を高く保ち、痩せやすい身体を維持するためには
筋肉量がとても重要なんです。

減量中は食べる事制限により、
普段よりも栄養素が不足しがちになります。

本来、筋肉を生成・維持するために
不足してはいけないタンパク質も不足してしまうわけです。

タンパク質が不足することで筋肉が減少し、
基礎代謝の低下を招いてしまうので、
減量中は、
高タンパクの食べる事が効果的となるのです。

腹筋やジョギングなどの運動を行っている場合は、
特にタンパク質の摂取には気をつけたいところです。

運動を行えば、筋肉が疲労します。
疲労した筋肉を元の状態に回復させるのも、
タンパク質の役割だからです。

これを無視してしまうと、
筋肉は回復ができずに減ってしまいます。

運動で筋肉を働かせたら、
しっかりと栄養を与えて回復させることは、
とても大切なことなんですよ。

運動で疲労した筋肉を回復させ、
筋肉をよい状態に保ち、代謝の高い身体を維持するためにも
減量中は高タンパクの食べる事を心がけましょう。

高タンパクの食べる事を摂るには…
特に鶏のささ身は低カロリーで高タンパクなのでベストです。
減量では鶏肉と魚を中心とした食べる事を
食べるように心がけましょう。

食べる事だけではタンパク質が不足しがちになるので、
低カロリーでタンパク質が豊富なプロテインドリンクを活用すると
理想的な食べる事が摂れるようになりますよ!