[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?


[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?ブログ:14/10/08


初老の医師はミーに告げた。
「あー、肺に穴があいてますね」

いやいや、そんなあっけらかんと言われても…と、
通常ならツッコミを入れたい場面だ。

今ままでに味わったことの無い激痛に耐えながらも、
自分の肺に穴なんてあいていないと信じたい気持ちとは裏腹に、
心も身体も震えていた。

「故郷のご両親にも連絡を」

すべてが初めての体験だった。
故郷を離れ、大学に入学して2ヶ月。
早くも緊急事態だった。

数時間後、親父とお母さんがかけつけてくれた。
ミーは泣いた…
初めての手術が決まり、数本の管が身体に刺さり、
不安が脳に刺さった状態だったから…

「病気なんだから、しょうがないだろう。
頑張れ。大丈夫、手術すればすぐに治る」と
親父は何度も頷いた。
まるで自分にも大丈夫だと暗示をかけているかのように…

手術が終わり、
親父もお母さんも仕事があるので故郷へ戻っていった。
散々、これでもかというほど励ましの言葉を浴びせられた。

「もう大丈夫だから。早く帰りなよ」
そんな強気な言葉をミーは最後に投げた。

本当はまだまだ不安だらけで、
誰でもいいから早く助けてくれ…と願っていた。

何とか退院となり、一人でアパートまで帰った。
久し振りのワンルームの部屋はひっそりとしていた。

「あれ」
一歩、中へ踏みこんで、ミーは思わず声を漏らした。
入院前とはテレビの大きさが違っていた。

残されていた一枚のメモには、
「退院おめでとう。目が悪くならないようにテレビを買っておきました。
古いテレビは持って帰りますね。お母さんより」

心臓に穴があきそうなくらい嬉しくて、感謝をした。
ミーは医者に救われたのでなく、両親に救われたのだと思った。