[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しい

[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しい


[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しい
太陽光発電を設置することとなる屋根のトラブルは屋根が陥没することも考えられます。
特に取り付けた直後に天井から水が漏れてしまってくるというクレームは数多く報告されているのです。

「太陽光発電を導入すれば電気料金がゼロになります」などや、電気を売って儲かるようなセールスをしてくる業者がいます。
確かに余った電力というのは電力会社に買い取ってもらうことは可能なのですが、確実に儲けが出るとは限らないのす。ほとんど屋根をチェックせずに「どのような屋根でも設置出来ます」と強引に営業をしてくる業者にはご注意ください。
太陽光発電の設置はそんな簡単なものではなく、屋根の材質や劣化などといったものは精密な調査が必要となってくるのです。 続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。




[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。



[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しいブログ:17/11/18

文明人は「24時間2食」である。
文明誕生以前は「24時間1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると24時間2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て24時間2食だった。
ご飯は「午前中餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
午前中5時頃から働き出し、
午前11時に「午前中餉」を取り、
その後11時休みをして、
11時寝が終われば再び働き出し、
夕頃に軽く「夕方餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

24時間2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
24時間3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
午前中に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも午前中にこの薄いお粥を食しているのだが、
午前中は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
24時間3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。

[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しい

[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しい

★メニュー

[お役立ちガイド]家庭用の交流電力に変換する機能を持ったパワーコンディショナー
[お役立ちガイド]一昔前よりも太陽光発電の導入費用が下がっている
[お役立ちガイド]そもそもどの程度の発電量があるのか?
[お役立ちガイド]投資回収で導入する方が90%以上を占めている
[お役立ちガイド]非常に長持ちする太陽光発電
[お役立ちガイド]強引に勧めてくる業者は大変怪しい
[お役立ちガイド]日中は自前で夜間は他力でという特徴
[お役立ちガイド]設置費用は全て用意する必要はありません
[お役立ちガイド]太陽光発電のパネルは長期の耐久性を持っている
[お役立ちガイド]何と言っても電気代が安くなるのがメリット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)もっと知りたい太陽光発電情報